上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 あんまりにも突然で、自分もよく分かってないんだけど。

 11月12日午前6時50分ごろ、菊丸が息を引き取りました。
 あんまりにも突然の別れ。頭の中がぐちゃぐちゃで、後悔ばっかりで涙もほとんど出てきやしない。
 原因ははっきり分かりません。
 病気が急変したのか、それとも朝方暗いうちに何かがあって暴れて、短めの止まり木(通販で購入した自然木をみっつ、つけてました)にひどくぶつけた事故なのか。
 それとも複合的なものなのか。

 これから先は、自分への戒めの意味も含めて、菊丸がどんな感じだったのか書きたいと思います。
 長文及び、インコ飼いさんには息を引き取ったときの様子はつらいものでしょうから、読みたくないという人はお戻りくださいませ。

バイバイ菊丸

... 続きを読む
スポンサーサイト
 今朝見たら、なんかいつもと感じが違う。
 あれ、どうしたんだろうとまじまじと見つめて気づいた。なんか、雛の頃に戻ったような顔。
 ええ? ともう一度じっくりと見たら。
 な、なんと尾羽が二本も切れていた!
 ま、まさか、PBFD?
 目の前が真っ暗に。
 しかし、ちょっとまて。落ち着け、自分。
 1本は2、3日前から折れそうになっていたじゃないか。もう一本は一緒に折れたんだ、きっと、ええ、絶対に。

 なにしろ菊丸、怖ろしくケージの中で暴れる。
 まだ小さいのでセキセイ用にしては小さいケージに入れてるんだけど、その中に入れている短めの止まり木から天井へ、そして真下の糞切り網へ、ジャンプジャンプの繰り返し。
 揚げ句は、ペレットを入れている結構小さめのえさ箱に頭だけでなく身体ごと突っ込んでいって、ぐるりと一回転。
 その上、戸にひっかけてある餌箱や水入れの下の隙間に入り込む。

 これで、羽根が折れないのはおかしいのではないか?

 よっく見たら、折れた羽根は二本ともさきっぽに血の塊がついていて、それから菊丸を捕まえて尻尾のあたりをかき分けてみたら、血の塊があった。暴れているうちに折れちゃったんだろうなあ。
 それでも、下に敷いていたキッチンペーパーには血の跡がないんで、出血は少なかったのだと思う。オカメだったら大騒動になってだろうなあ~うわ、ぞっとするよ……
 
 とりあえず、PBFDではないみたい。
 念のため、朝かかりつけの獣医さんに電話をして、処置をするべきかどうか尋ねたら、血が止まっているならそのままで大丈夫と言われた。

 ふぅ~
 いろいろ心配事の種は増えてゆくよ。

 菊丸の一人餌も、牛歩のようにのんびりと進んでいる。
 ようやく、朝自分で食べることを覚えたらしく、朝、掛けてあげていたフリースをどけると、ペレットをぽりぽりと食べている。
 投薬のため、差し餌はあげているが、ちょっと食べると飛んでいきを何度も繰り返し、3gを食べるのがやっと。
 しかし、夜はまだまだ。夜体重測ると33g。現在、一番体重が軽いのは7時ごろ。
 なわけで、夜は7gくらい差し餌をやってます……
 いい加減、一人立ちしてくれよ。未だ、雛鳴きしてるし。投薬があるから、あまり厳しいことはしてないけどさ~
 しかし、一番困るのが、ペレット撒き遊びを覚えちゃったことだな。
 おかげで、どのくらいペレット食べてるのか分からないよぉ。
 一応シードも入れているけど、こっちはカナリーシードには見向きもせず(嗜好性が高いはずなのに……)ひえやあわをちょこっと摘んでいるだけ。
それから青菜にもしらんぷり。差し餌に混ぜたら食べてくれるんだけど。
 我が儘坊ちゃま(嬢ちゃま)よ。最近、ケージの戸を上下することも覚えちゃったし。ナスカン買っておいてよかった~まじで。

11月10日


 すでに、奴隷状態の飼い主。このうっとりした顔を見るために、お世話をしているようなもんだわ。
2006.11.08 気になること
 まだまだ菊丸中心に日々が過ぎていってる……

 投薬3日目。
 朝の差し餌はいやがることが増えてきたけど、まだまだ夜はお腹いっぱい差し餌を食べる菊丸。
 投薬は楽だけどね……
 せっかく入れてるペレット、おもちゃと学習したのか、えさ入れに頭つっこんで(ときには身体ごと入って)ぶわっとばらまく。
 おかげで、ケージとケージを入れている段ボールの中はペレットだらけだよ(^^;)
 食べてくれなきゃこまるんだけどな。
 なんとなく、昼間はつまんでいる様子。朝33gで、差し餌後に37gだったのが、2時頃は34gだったから、少しはペレットやシードは食べているんだろう。
 でも夕方は駄目。夜差し餌の前に測ったら33gに戻っていた……
 たった1gに一喜一憂する日々。
 まるでオカメインコの雛を飼ってるみたい。

 餌を交換したりするために、ケージの戸を開けると隙間から逃げてゆく。飛ばすよりもまずは治療と一人餌訓練が大事なのに。
 はあ~(ため息)

 それだけじゃない……
 先日病院の先生にも相談したけど、菊丸の風切り羽根。
 ここだけがうねうねと波打ってる。

問題の羽根


 他の抜け毛とか変形がないからなんとも言えないけど……
 PBFDだったらどうしよう~!!
 
 PBFDとは……ウィルス性の病気で、オウムやインコ類がかかる。羽根に異常が出て、ひどいときは羽根がひどく抜け落ちて、生えてきてもすぐ抜けるようになる。
 他の鳥に感染する病気。

 病院の先生は、雛だから成長著しくて羽根にまで栄養が回ってないんでしょう、と説明してくれたけど、やっぱり不安は不安。雛換羽が終わるまでまたなきゃならないのか?
 広島には鳥専門病院がないのが困る……お隣岡山に鳥に詳しい先生がいるみたいなんで(「コンパニオン・バード」誌に載ってた)そこまで行くことになるのかな?
 オカメインコの雛もお迎えするつもりなのに……

11月8日

 今日は健康診断に行った。
 先週はいろいろ忙しかったからなあ……お昼前に、前の子のときにお世話になった動物病院に着くと(広島にはまだ鳥専門病院はない)月曜だからか待合室には誰もいない。よかった~いつも結構待つからなあ。

 鳥担当は女の先生。診察室に行くと、「小太郎ちゃんのことはもう大丈夫ですか?」と聞かれた。
 先生、あのときは本当にお世話になりました。ちょっとした一言で、気分が楽になるものなんだよね。

 菊丸ですが。体重を測ると36g。朝は35gで検査したのは12時前だったから、やっぱりあんまり食べてないのかな。
 プラケースに入れて連れていったら、先生の問診最中眠っている。
「結構眠ってること多いです?」
 と聞かれ……嫌な予感が。
 確かに結構よく眠ってる。眠るときとケージの中で暴れているときと雲泥の差。まるで電気のスイッチを切ったみたいに違う。

 糞の検査の結果。

 ああ、やっぱり恐れていたことが~!!

 カンジタ菌と、メガバクテリアが確認されてしまった……OTL

 ショップ出身のセキセイで、菌を持ってない子のほうが少ないと慰めてもらったけれど……いやもちろん覚悟はしてましたけど……やっぱりショックですわ。

 そのう検査はなかった。先生、やらないのかな?
 広島でそのう検査ができる病院があるのか怪しいくらいですが、糞に出てるってことはもう動かしがたい現実なわけで。

 まずは一人餌よりも菌の撲滅が先ですから。無理に一人餌にするのは棚上げ。
 まだ差し餌でよかったと思いましたよ、まじで。むりやり飲ませずに、差し餌に混ぜることができるから。
 だって、前の子小太郎は今の菊丸と同じくらいのときに副鼻腔炎になって投薬していたら、「人の手に掴まる=嫌なことさせられる」と学習してしまって、あまり慣れなくなったんですもん><
 あれは悲しかったなあ。

 とりあえず、メガバクは「ちょっと」出てる状態なのが救いか。体格はしっかりしていて32gまでなら体重落ちても大丈夫と言われたから、一人餌勉強と投薬をしっかりがんばってもらいましょう。
 本日の夜34g。満腹時40g。

11月6日

2006.11.05 初挑戦
 今日は午前中はちょっと肌寒かったけど、お昼近くには暖かくなって、南向きの部屋はなんと気温28度!
 おいおい、今は11月ですぜ? 暖かいとペットヒーターつけなくてすむのはありがたいけど……朝晩はどうしても冷え込むからなあ。
 昼間はケージで過ごしている菊丸ですが、夜はプラケースで寝てます。
 朝、温度をチェックしてみると25度。ちょっと雛には低いかな? 今20Wのペットヒーターをつけて段ボールに入れて寝させているんだけど……次にあるのは60Wだから、こっちはまだ暑いだろうし。ううん、加減が難しい。

 さて。昨日悩んだ結果、今日の午前中に病院に健康診断&一人餌までの方法を相談に行こうと決めた。日曜は午前中までなんで、できれば平日に行きたかったんだけど。
 そう思って菊丸に朝ご飯をあげて、準備をしていると……

11月5日食す

 ぱりぽりと音が! なんと、菊丸餌入れに頭つっこんで(今日初めて設置)ペレットを食べているじゃないか!
 あまりのうれしさに、カメラを取り出したわたしであった(苦笑)

 ちょっと安心したので、病院は明日に繰り越すことにした(笑)今日は街に出て、テレビ買いに行かなくちゃいけなかったし。
 それと、初めて昼を抜いてみることに。

 満腹になると止まり木や糞きり網(これも今日設置)につかまってうとうとしている菊丸も、ちょっとお腹がすいてくるとケージの天井に止まり、ケージの中を飛び回り、設置した水入れの中に足を突っ込んだり。
 大暴れ。あまりに暴れてしまったんで、ろうまくのはしっこをすりむいてくれた。痛かっただろうねえ~

 夕方覗くと、設置していたペレットの入ったえさ入れの中身は減っている様子はなし。
 う○ぴは絶食しているときの緑色ではないんで(前の前の子が食べなかったときがあり、そのときにその色を確認しているのでこれは確か)少しは食べているみたいだけど。ビンの蓋に入れた餌は見事にひっくり返されて、糞切り網の下に全部落ちていた……
 お昼抜いたんで、夜はいつもより早め(6時半)に差し餌。
 空腹時35gのが、満腹になって42g。
 いや、満腹とはいえないかも。最近ペレット混ぜたりしているからか、それとも一人餌が近づいているのか、途中で飛んで逃げたりするんで8分目くらいかな。
 まあ、それでもぷっくぷくのお腹になったんでプラケースに入れて休ませることにした。

 今日も一日大変でしたな。

11月5日満腹

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。