上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 先日、仕事で大きな失敗をしてしまいました。
 こういうときに慰めてくれるのは、二羽の鳥さんたち。
 風太とサクラ、一緒に放鳥してみました。
 サクラは、普段一羽での放鳥だと、わたしの肩(もしくは頭の上)かプリンターの上(パソコンデスクの一番上に置いてある)が定位置なんですが、風太と一緒だと、なによりも先にすることは、風太を追いかけ回すこと。

 二羽が狭い部屋を必死に飛び回る風力って、なかなかのものです(笑)
 部屋に設置した空気洗浄機が、いっきに「ターボ」状態で稼働いたします(苦笑)

 サクラに追われると、風太はすぐにタンスの上か、蛍光灯のフードの上に避難。
 不思議にサクラは、高いところには登らないんですよね。追いかけるなら、上までついていきそうなものなのに。
 で、サクラはわたしや家族の肩に止まります。人間たちが「さーくら♪」なんて構っているうちに、風太は嫉妬したのか、いそいそと下に降りてきて、まずはサクラの反対側の肩に止まります。
 そのままの距離を保っていればいいのに、懲りない風太がサクラに近づき、またサクラに「がぁっ!」と威嚇されて、逃げ回るという繰り返し。

 二羽一緒にだすのは、長くて30分程度にしてます。
 その後は、風太の放鳥の続きを家族に任せ、わたしは自分の部屋でサクラの相手をします。そうでないと、風太があまりに哀れなので……

 その二羽の(一方的な)攻防を動画に撮ってみました。




 風太さん。動画を見た感想を一言。

ぼくの負けです……


 そうね、君に噛まれるよりも痛いわね。 
 風太もときどきサクラに噛まれているもんね。

あたちの勝ちね


 サクラさん、早々と勝利宣言を出されました。
 はいはい、君が最強。我が家で一番だね。


 でも、サクラの三代前のメスのほうが、噛む力はすごかったです。
 ケージの中掃除するとき、手袋はめないと血をみましたから。
 イエローハルクィンのメスだったんですが、今思えば、雛時代から噛む力はすごかったなあ。
 中雛で、妹の友達が、妹へのプレゼントとして我が家にやってきたんですが、その数日後にケージにいれたら、あっというまにくちばしの力のみで、一番てっぺんまで登ってましたもん。
 コザクラ並だったかも……
 それに比べると、サクラは力が強いというよりも、ピンセットみたいな細いもので抓られてるって感じかなあ。
 あ、サクラは噛むと痛いですが、まだ血がでたことはありません。

 少しずつろうまくの色が薄くなってきたので、今回の発情はそろそろ終わりかな。
 生後半年で卵を産むなんてことがなくてよかった。


 学生時代の思い出。作家氷室冴子さんが逝去されて、落ち込んでいるわたしに。
 クリックお願いします。かわいい鳥さんもに会えますよ
     ↓
にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。