上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.05.01 病院の話
 同じ広島市内で、鳥を見てくれる動物病院を探している方もいると思いますので、わたしのかかりつけの病院を、ブログで紹介しま~す。
 もちろん、鳥専門医ではありません。犬猫が基本で、鳥などのエキゾチックアニマルも見ていらっしゃる病院です。
 わたしは、先生には、もっともっと鳥を見て貰って、腕を磨いて欲しい! と願っている患者の一人です(笑)回し者ではありませんので、念のため。

 名前は「パル動物病院」
 広島の人にしか分からない書き方ですが(苦笑)
 市電の比治山下経由「広島駅~宇品」線。
 電停「比治山下」で降りて、段原(広島駅)方面に向かって電車通り沿いに歩くと、5分もかからない場所にあります。
 大通り沿いのマンションの一階で、結構大きな看板がありますし、駐車場があるので分かりやすいと思います。

 
 火曜、祝祭日が休みで、日曜のみ午後休診。
 診療時間は、9:00~12:00、16:00~19:00
 先生は、男性と女性二人いらっしゃいますが、鳥や小動物を見てくださるのは女性の先生です。(なので、待ち時間は1~2時間かかります)
 鳥の患者さんは結構見ました。「うちの子は、ここの先生に助けて貰った」と言っていた、セキセイインコの飼い主さんもいました。
 わたしは、プロフィールにあるセキセイの小太郎がヘルニアになったとき、インターネットで調べてこの病院に行きました。

 鳥専門医ではありませんが、待合室には「コンパニオン・バード」誌も毎号取っておいてありますし、プレイリードックらしき動物や、ハムスターを連れてきた人も見ました。検便の他、レントゲンやエコーも使って診療されますし(もちろん、病気による)、希望すればそのう検査もしてくださいます。
 あと、風太が入院したように、状況によって入院させてもらえます。ただ、風太は強制給餌をしてもらうための入院だったので、他の治療に関しては分かりません。それと、鳥が入院するための設備はないようなので、強制給餌をしてもらうのなら、自分でフォーミュラ3(ケイティーのエクザクトは不可)を購入して入院させる必要があります。
 入院中の風太は、連れて行ったときに使ったプラケースとえさ入れをそのまま使用し、バナナ型水入れを設置してくださいました。

 それと。鳥を見てくださいますが、手術はされません。
 セキセイの小太郎がヘルニアになり、卵材が腹腔内に落ちる病気になったとき、先生も迷っていらっしゃいましたが、結局手術はできない、という話になりました。
 手術を必要とする病気なら、岡山まで行くのがいいかもです。広島には、鳥の手術ができる獣医は多分いないだろう、という話だったので。
 ですが、寄生虫や真菌、メガバク系の病気には信頼できる先生だと思います。薬も鳥が飲みやすい入れ物に入れてくれますし、便だけを乾かないようにラップで包んで持っていって、検便だけ、という方法も可能です。
 それと、状況によっては注射もされます。鳥に関しては注射の賛否両論があると思うので、注射がいやな方は、先生にそのことを話したほうがいいかも。
 セキセイの小太郎は、カルシウムが入った注射を一回と、吐き気止めの注射を一回しましたが、特に嫌がる様子はありませんでした。

 診療費は、薬等がなければ、検便とそのう検査等で3000円かかりません。入院費も、二泊三日の強制給餌と検便2回で、5000円いきませんでしたし。

 時間外の診療は分かりませんが、患者であれば留守電に吹き込んでおくと、すぐ後で電話をくださいます。菊丸(セキセイルチノー)が突然死んでしまったときも、朝7時だったというのに、パニックになったわたしが「先生大変!」と留守電に吹き込んでおいたら、10分かからないうちに電話をくださいました。GWとかの連休中も、「なにかあったら留守電に入れておいてください」とおっしゃってくださいますし。
 とても頼りになる先生です。

「セキセイインコは、今はペットショップでお迎えした時点で、なんらかの菌を持っていない子はいない」
 と先生はおっしゃってました。オカメインコも菌を持たない子のほうが少ないかもしれません。
 なので、鳥を迎えたら、是非早い内に(挿餌のときに検診をしたら、挿餌に薬を混ぜることができるので、投薬に苦労せずにすみます)健康診断をしてあげてくださいね。

↓クリックお願いします♪
にほんブログ村 鳥ブログへ


スポンサーサイト
2007.04.30 完治~♪
えへん

「花丸もらったよ~」


 29日に、病院に行ってきました。
 これで、糞検査でメガバクがでなかったら投薬終了。
 日曜日なんで、午前中までしか病院やってないから混雑を覚悟していたんですが、10時ごろ行ったら意外に患者さんが少なかったです。
 家に戻って気づいたんだけど、29日って日曜日だけど、一応「昭和の日」って祝日だったのよね。かかりつけの病院は祝日は休みなんで、29日は休みだと思った患者さんが多かったのかも。

 さて、風太の検便の結果は「花丸」でした!
 メガバク治療、これにて終了~!
 元気もあるし、おしゃべりもするし!
 ただ、問題は相変わらずペレットを喉に詰まらせること……(あと、体重が増えないこと……)

 風太ったら、ペレット大きくしても小さくしても、固いラフィーバだろうと、口にくわえるとほろほろっと崩れるドクターマックでさえも、喉に詰まらせます。
 ラフィーバなんて砕かないと、詰まった後はき出したペレット、2~3ミリくらいありますよ! 
 そりゃ、喉につまるってば! もうちょっと落ち着いて噛みしめてほしいなあ。

 砕いてあげると、粉になっちゃう部分も多いし。もうすぐお試しサイズがなくなるので、オカメインコ用より一つ小さいのを買ってみようと思ってますが。顔を伸ばしてえ「えぐえぐ」ってやってる姿、見るのは怖いです……

 なので、念のためにそのう検査もしてもらいました。

 初めて見たそのう検査……
 ニードルで温めた生理食塩水をそのうにいれて、しばらくして取り出すわけですが。
 やっぱり、風太暴れます。苦しそう……見ているこっちが、口に唾がわいちゃってくるし。喉に金属がはいるなんて~
 でも、そのう検査の結果も良好でした!

 あとは、体重が増えるだけ。
(ペレットに関しては、しょっちゅう詰まらせるんでなければ、そう深刻に考えなくてもいいと言われました。そのうち、上手く食べられるようになるかもしれないし)

 しかし、闘病中にシードを食べていたせいか、ペレットを嫌いになっちゃって苦労しています。
 ペレットをしっかり食べてくれたら、挿餌から一人餌に切り替わった後みたいに、体重がどんどん増えてくれるはずなんですけど。食べる量が一気に落ち込んだだけでなく、嗜好もすっかり変わりました。
 病気になる前は。
ドクターマック>ラフィーバ>ケイティーオリジナル>ラウディーブッシュ>ズプリームナチュラル(論外:ズプリームフルーツブレンド)
 だったんですが。
 現在は。
ラフィーバ>ドクターマック>>>ラウディーブッシュ(その他論外)
 に変わってしまいました。

 現在は、ラフィーバを中心に入れてますが、一日に食べる量が3g少々と、あまりに少ない!

 そりゃ、太らないよねえ~

 しょうがないので、今はシードもいれてあげてます。
 シードが5gぐらい食べているんですけど、風太は青菜が好きじゃないんで、栄養バランスはあまりよくないですよねえ。

 個人的に、ペレット:シードの比率が3:1ぐらいが好ましいのですが、一度嫌いになっちゃうと難しいみたいです。

 あと、ペレットとシード両方なら、朝晩と分けてケージにいれてあげるのがいいか、ちゃんと重さを量って両方一緒にケージにいれてあげるのがいいのか。
 他の方のご意見を伺いたいものです。


↓クリックお願いします♪
にほんブログ村 鳥ブログへ



い草ボール?

「これおもちろいの~♪」


 今日は、病院に行ってきました。
 うん○だけ持っていって、待つこと1時間。(今日もまた、犬猫が多かった~)
 検査の結果は。
 今回も、「メガバクテリアなし」でした
 よかった、よかった。

 先生と相談した結果。
 あと一週間投薬して次の一週間はなしで、糞便検査をして見つからなかったら投薬終了ということに決まりました。
 やはり、風太はまだ幼鳥だということと、雛換羽がそろそろ始まりだしたということで、念には念を入れて。だそうです。
 もうあと一週間、投薬のストレスをなくすために、朝晩の挿餌をしますが、風太は元気いっぱいなので、心配はほとんどしてません。
 とにかくは、保温。あとはしっかり食べさせる、ですね。

 今朝の朝一体重は81gで、昨日より1gアップ。
 朝の挿餌はしませんでしたが、かわりに粟穂を3センチほど切ってあげたら、あっというまにきれーに食べてました。
 夕方の体重も84gあったし、ペレットの入れ物は朝から3gほど減っていたので、食べているのは確かです。
 よかった、よかった。

 他のオカメインコサイトさんで食欲不振のご相談をしましたら、バーズレストランのシードを推薦していただきましたので、早速注文してみました。
在庫はもう残り少なくなっていたので、シードはわずかしかありませんでしたが、無農薬のひえ穂があったので購入しました。粟穂は食べてくれるから、穂になったヒエなら食べてくれるかも?
 あと、一緒にひまわりも購入しました。
 ペレットを食べるようになってはくれたけど、今回のようなことがもうないとは言えないので、これを機会にシードも食べるようになって貰おうと思ってます。

 北海道から届くシード、どんな感じなんだろう?
 キクスイさんで購入した粟穂は、あっというまに食べ尽くすくらい大好きなので、期待はしてます~

 写真のボールはい草でできてます。インコオウム専門店の「こんぱまる」通信販売で、ペレットのお試しサイズと一緒に購入したんだけど、届いたのをみてあまりの大きさにびっくり!
 風太、大きさにびびってパニック起こしたらどうしよう~なんて心配したけど、杞憂に終わりました(苦笑)
 最初はもちろんびっくりしたけど、すぐにカジカジと。
 かじりついてる状態でボールをくるんとやると、一緒に一回転(笑)
 笑っちゃいました。
 でも、首をおかしくしたらいけないので、一回やっただけでやめましたよ、勿論。
 い草、いい匂いします~畳の匂い。
 念のために熱湯消毒したら、本当にいい匂いでした。
 こういう自然のものは、鳥さんに安心してあげられるからいいね


↓クリックお願いします♪
にほんブログ村 鳥ブログへ



治ったかな?

「みなちゃま、応援ありがとう~元気になったみたいよ、ボク


 久しぶりの更新です。
 メガバクテリアは消えたものの、投薬は続いているし風太の食欲はなかなか元に戻らないしで、更新をしてませんでしたが。

 ようやく。

 風太に食欲、戻ってきました~

 とはいえ、病気をして雛時代の甘えん坊に戻っちゃいまして。
 挿餌を欲しがって欲しがって大変です
 しかも、ペレットの食べ方を忘れたのか、喉に詰まらせて吐くし。
 昨日まで、どうしたんだよ、風太? って感じでした。

 退院後、一番のお気に入りドクターマックを口にせず、今までは一番最後まで残していたズプリームのペレットを、まっさきに囓っているようだったので、慌ててネットでお試しサイズを購入。一緒にラフィーバのものも(メガバク前はドクターマック、ケイティの次にお気に入りのようだったので)購入し、砕いてあげました。
 そしたら、大分詰まらせなくなったかな? 食べてすぐ、吐くことはなくなりました。
 でも、自分から進んでは食べてくれない。
 ストレスが溜まるからと、ケージに移したのもよくなかったのかも。遊んでばっかりで、餌を食べ忘れてるしみたいだし。う~む。

 なので、今日からまた水槽生活に戻しました。
 そしたらなんとか、人が見ている前だとペレット、食べてくれるようになりましたよ。
 シードも口にしているようだし。(病気になって新しくオカメインコ用シードを買ったら、中にトウガラシが入っていて、どうやら風太はそれが気に入ったようでいつまでもくっちゃらくっちゃらしてました・笑)

 体重は、現在朝一が80g。今日の夜、挿餌のあとちょこっとペレットとシードを食べたみたいで、86gになりました。

 残念ながら、退院後闘病中より体重減っちゃったけれど、それでもあきらかに風太の顔は違うんです。
 闘病中は、もう目が落ちくぼんで顔が怖くて、明らかに「調子わる~い」と訴えている「病鳥」の顔だったんですが、内臓の調子がよくなったのか、今は顔が明るくなりました~
 以前の、プリティ風太に戻ったぞ!

 そんなわけで、メガバク発覚してから写真は撮らなかったのですが、今日久しぶりに撮ってみました。
 病気になってからご無沙汰だったおしゃべりも、今日から復活したようですし(家族談)
 新しく、い草のおもちゃを買って上げたので、久しぶりに放鳥してあげました。
 水槽に戻して電気を消すと、しばらく呼び鳴きしてましたが、今は落ち着いて寝ているようです。

 来週頭に再び検診に行きます。多分、メガバクは検出されないと思うんだけど、投薬がどうなるのか。はてさて。

 できれば挿餌はやめたいので……(挿餌の間は薬を混ぜてあげてました)、せめて飲水投薬に切り替えて欲しいかな。
 気になるのは、風太の羽根が抜けはじめたこと。
 ぽわ毛じゃないんです、れっきとした羽根。
 4ヶ月になりますが、もう雛換羽が始まったのかなあ?
 まだ体力回復期なので、換羽はできれば始まって欲しくないんですけど……こればっかりは自然の成り行きなので仕方ないか。


↓復活!風太に。クリックお願いします♪
にほんブログ村 鳥ブログへ


2007.04.09 消えました!
 本当は次の通院予定は水曜日だったんだけど、お薬がなくなりそうだったので今日行ってきました。
 風太は今回お留守番。土曜日、退院して連れて帰ってきたとき、ストレスがかかったのか体重減っちゃったので。
 家に帰ってきてすぐの体重チェックが82gで、翌日曜日の朝一が82g。入院時から3gも減ってしまいました~
 強制給餌がなくなった分、どうしても体重は減ってしまいますわねえ。なので、日曜日は、我が家でなんとかできる挿餌を、朝昼晩、それから夜11時と4回してあげました。
 最初はケイティのパウダーフードだけで食べさせて、飽き始めたところでペレット数種を粉にしたものを混ぜて。
 そうすると、結構食べてくれるようです。(時間はかかりますが)1g~2gくらいかな。でも、幼鳥のときにあげていたパウダーフードより倍くらい濃いものにしているので、栄養は結構取れていると思う(信じてる)。
 夜遅くにあげたおかげか、今日の朝は昨日と同じ82g! 朝こんもりのうん○も形も色もいい!
 やたっ!

 朝あげたパウダーフードがうん○になったところで(あげないときのうん○と、明らかに大きさ、形、色が違う)、ラップに包んで病院に行きました。

 今日は犬が多かった~12時ちょい前に受付をして、わたしが午前中最後の患者で、終わったのが1時半すぎ。

 検便の結果は。

 メガバクテリア、ゼロになりました!!

 もちろん、まだ投薬は続けます。メガバクテリアによって痛められた胃も治さないといけないし。

 でもね、風太はなかなか食べてくれません。
 その話を先生にしたら、
「オカメインコさんはねえ、食べなくなったら元に戻るまで、わたしが診たことのある鳥さんの中でも、一番時間がかかりますからね」とのこと。
 神経質なものもあるし、多分、病気の間に餌を食べて気分が悪くなったとか覚えていて、
「でも今は食べても大丈夫~
 と思えるようになるまで時間がかかるんだそう。
「セキセイインコは、病気でも結構食べますけどね」だって(苦笑)
 それは確かにそうだ。前飼っていたセキセイも、ぎりぎりまで食欲旺盛だったもんね。

 なので、雛の頃のように、挿餌で少しずつペレットを混ぜる量を増やして、それから砕く大きさを変えていくしかないようです。
 一人餌のやり直しって感じですね。
 体重の増加は望めないにしても、今より痩せないように、がんばって挿餌します。
 肩の上に載っけて、挿餌をするのが一番よく食べてくれるんですわ、これが(笑)
 甘えん坊風太めっ!

 こっちは、首が痛くなって大変なんだけど……


↓頑張ってる飼い主に(笑)クリックお願いします♪
にほんブログ村 鳥ブログへ

... 続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。