上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 京都から帰って参りました~
 京都は、17日は秋らしい肌寒さ。18日はちょっと暖かい。
 で、人混みは沢山……といっても、初日は劇団四季舞台「ジーザス・クライスト=スーパースター」を見てホテルに行っただけだし、19日は京都国立博物館にいっただけだし。観光らしい観光はしませんでした(^^;)

 第一の目的は舞台で。
 第二は、ご縁があってお迎えすることになった、ジャンボセキセイちゃんのお迎え~

 ところが。最初の約束は4時だったのですが。18日、どうやら風邪をひいたらしく、お腹がやばい……って状態だったので、無理を言って少し早めてもらいました。なので、時間までにしたことといえば。
 京都駅近くのリフレクソロジーで足マッサージ。おかげで少しお腹が復調。
 その後うどんを食べて博物館へ。でもその最中にちょっとまたお腹がやばかったんで、早々に切り上げて駅に。
 このままだと新幹線がやばいので(乗り物酔いしやすい人なので)酔い止め買って飲んだら、これがよかったらしく、またまた復調。
 そうして、ジャンボセキセイちゃんの元親さんに会いました。

 まだ3週目の赤ちゃん。ジャンボセキセイだけど、ちっさいです。雛の頃から特大サイズだと思っていたのですが、そうではなかった。
 それともこの子が小柄なのか? よく分かりませんが、白い身体に小さい目ががキュートです。
 頭も毛がぱっかり別れていて、まるで羽衣セキセイちゃんのよう……
 毛がぱっかり別れているならば、頭がでっかくなる可能性だってある??
(ジャンボセキセイについては未知数なので……)

はよ名をつけれ!

「うちに早よ名をおくれやす」


 名前はまだ、ない……
 というか、実は考えていたのですが、家族が「言いにくい」と反対を……
 候補の名は「パイ」と言います。「白」の中国語読み。出典は、浅田次郎著「中原の虹」より。
 パイなら雄でもメスでもOKだと思うんですがねえ。
 あと、考えたのが白い花。京都生まれと言うことも考慮して「シャラ」というのもあったんですが(沙羅の木のしゃら。平家物語「祇園精舎の鐘の声(中略)沙羅双樹の花の色」とありますでしょう?その、シャラ)
 字面は綺麗だけど、「シャラ」はすんげえ言いにくい。
 あとは、白い花をつける木で「ホルトの木」というのもあります。ホルトってのもかわいいような……
 うーん、難しいなあ。早く名前を決めないと、挿餌のときに呼びかけられないんだけど。


 さて、ジャンボちゃんと会った風太は、「ジャージャー」鳴きにびびってました。
 まだ、健康診断はしてないので、プラケース越しにしか接触させませんが。



誰じゃワレ!

風「誰じゃワレ!」
ジャンボ「うち、今日からこの家の子になりました。
あんじょうよろしゅうに」
(京都弁と大阪弁の違いがわからん……)



 いや、ガンとばしするくらいならいいんですが、おそるおそるといった感じで、さすがびびりのオカメ!と笑ってしまいました。

 ジャンボちゃんはおとなしいそうなので、風太と仲良くやってくれるといいなあ。


↓クリックお願いします♪ かわいい鳥さんに会えますよ
にほんブログ村 鳥ブログへ

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。