上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.04.28 今季ワースト
マツダスタジアム

 2009年4月25日、ようやく広島マツダスタジアムに行きました。
 座ったのは一塁側内野指定席。一塁のすぐ横、20列目だったけれど、そう遠くもなく見やすい位置。

 ところが、試合は阪神12-1広島……
 一回にあっという間に4点を取られ、2回表の阪神の攻撃では、スコアボードが「19点」なんて、馬鹿にした数字を表示して、いいところ一つもないまま、つまんねえ試合でした。
 初めての球場だったんで、途中グッズショップを見にいったりしましたが、わたしの席の上が丁度キャラメルポップコーンのワゴンが出ていて、ずうっとあまーーーい匂いが漂っていて。
 あまりの匂いに頭が痛くなり、7回表になってすぐ帰りました。

 翌日の地元新聞には、「今季ワーストの試合」と書かれ……
 当たり前だわ。いいところなしーの、エラーはしーの、打てないわ、4連続フォアボールとか……

 わたしの気持ちを表すとこんな感じ↓

ファンを馬鹿にすんじゃねーー!



 と、大竹初完封のヒーローインタビューを聞きながら書きました。

 次は、5月の巨人戦だ。勝てよ!!

スポンサーサイト
母お気に入りのぼたん

 広島は先週の土曜、すっごく暑かったです。
 広島市内は、25℃だったっけ? 少し北の加計(かけ)は、今年最初の真夏日(!)を記録したとか。4月末で30℃って、あり得ない!!
 今日は、少し気温も下がって22℃くらいでしょうか。それでも、地球温暖化を思わせる暖かさですね。

 天気に関しての只今の懸念は。今週末、土曜日がわたしの、今季初野球観戦日。
 そう、新しい新球場で阪神戦を見にいきます。
 なーのーにー
 土曜日は、今のところ雨予報……しくしく。
 4連敗中のカープと同じ予報じゃないかー!
 すでにチケット購入しているから、雨が降っても、中止にならない限り見にいきますが……ああああ、雨の日がずれてくれたらいいのにー!

 と。
 冒頭の写真、うちのブログらしくないですよね(笑)
 わたしは女のくせに、花にはほとんど興味のない人間なのですが、うちの母は花好き。
 庭はないので、外階段にプランターや鉢植えが置いてあります。
 その中、ただいま花盛りの牡丹ちゃんをぱちり。
 うちにある牡丹は、赤・黄色・白と三種類。一番最初に、この赤いのが咲きました。
 今は全種類咲いてます(つーか、散り始め……)

もらいもの。おだまき

 これは、以前うちに勤めていたおばさんからもらった、おだまき。
 なんて言う種類か分からなかったので、ネットで検索。うつむく感じで咲いてる紫の花です。
 なかなか可憐でかわいい。


 と、スピードライトを手に入れたもんだから、花なんて撮ってみました(笑)
 
 その夜、スピードライトを付けて、風太さんをぱしゃり。

ドアップ!

 サクラのドアップと一緒で、バックがまっくらになっちゃいました。
 でも、風太さんのおひげまで見えます(笑)
 スピードライト、光を上に向けて撮ってるんですが、それでも風太はフラッシュの光にびっくりしまくってます。
 慣れれば、びっくりしなくなるのかなー?

 今日の「国別対抗フィギュア」ご覧になりましたかー!!
 浅田真央ちゃんのSP、「トリプルアクセル+2ループ」(ループ?トゥループ?)大成功!
 成功したっていうのはニュースで見て知っていたんですが、ココまで完璧に決めるとは!
 見ていて、涙がでそうになりました。
 素晴らしい、素晴らしすぎますっ!!!

 正直、国別対抗なんて、選手への負担が大きすぎるんじゃないかって思っていたんですが、今季初めて、完璧なSPを披露してくれた真央ちゃんの笑顔を見て、よかったって思いました(現金だな~)
 来シーズンは、3Aでプログラムを作ってくるのかな。あ、それとも3+3も用意して、調子がいいときに3Aに替えて来るのかも。

 世界選手権の時にキムヨナが出したSPよりも少し得点足りなかったけど、これならいつか、追い抜く演技を見せてくれるんじゃないかって期待します。

 美姫ちゃんもスパイラル以外はなかなかの演技(3+3のジャンプは回転不足とられたみたいだけど)、織田くんもよい出来だったので、フリーに期待できます。(小塚くんは出来が……フリーがんばれ)


 と、フィギュアの話はここまでで。

 昨日、やっと勇気を出して、我がデジタル一眼に、外付けフラッシュを購入しました!

 ただ、予算の関係で、一番安いSB-400というタイプ。
 サイズも小さいので、わたしが持ってるニコンの一番小さいデジイチ(D40)には丁度良いサイズ。
 
 家に帰って、早速仕事関係の撮影を行ってみました。

もみーじまんじゅう

 もみじまんじゅう(笑)

 バウンスという、フラッシュを天井に向けて下に反射した光で撮影という方法をやってみました。
 工場はちょっと暗めなので、全体的にちょい青いかな? バウンス角度を変えて、いくつか撮ってみるべきだったかも。
 それでも、今までよりピントが合いやすく、以前より接写ができた印象。

 そんなわけで。夜、サクラさんを撮影。

ちょっと引いて撮影

 こちらも、バウンス撮影。70°くらいのバウンス角度だったかな? 
 後ろが暗いのがちと難点。だけど、真っ白なサクラさんって、ほんと、ピントが合わないんですが、やっぱりフラッシュついてるほうが幾分ピント合わせやすい。

ちょい寄る

 もうちょい寄ってみました。
 珍しく、サクラさんのアイスリング(でいいんだっけ? 目の中の白い輪っか)が写りました。ホワイトバランスを調整すれば、もうちょい明るく写るか?
 うーん、普通の家の室内なら、SB-400で十分かな、と思っていたんですが、こうやって実際撮影してみると、一つ上のSB-600のほうがよかったかも。
 金額は、倍近くするんだけどね。(それにしても、ニコンのフラッシュって高すぎ!)
 デジカメの説明書をもう一度読むべきですね。光量がデジカメのほうで調整できるみたいだし。


どすこーい!

 ドアップ。
 ろうまくの真っ茶色さがよく分かるかと。
 去年夏から続いていたろうまくは全部剥げたんですが、新しいろうまくも、瞬く間に茶色に変わりました(^^;)
 なんか、ゆで栗の薄皮っぽいろうまくじゃない?

 ジャンボちゃんって、真正面から写真撮影すると、ほんと、「どすこーい!」って感じの顔ですよね(笑)
 横から見ると、そうでもないんだけどさ。
 ジャンボセキセイを初めて見たころ、「なんか、不機嫌そうな顔してるなあ~不細工」って思っていたんですが、実際サクラを飼うようになって、「これはこれで愛嬌がある」と思うようになりました。


 ああ、オスが欲しいなあ。
 白い身体に真っ青なろうまくって、すごい綺麗でしょうね!
 サクラの元親、S子さんのブログに行くたび、ジャンボちゃんの雛画像を見て、「ほし~」と呟いております(笑)

へばりつきっ!

 鳥さんたちの恋の季節ですね。
 うちのお隣はクリーニング屋さんでして、ここは毎年いち早く、ツバメが繁殖にはいります。
 二年前だったか、二階の軒下にも巣ができて、ツバメのマンション状態。お隣の前を通るたび、ツバメの巣を覗き込むのが楽しみになっております。
 今日は、卵を温めているようでした。テント下では、オスだと思うんですが、しきりにちーよちゅるちゅると鳴いてました。二階にも、ツバメのご夫婦が出入りしていたので、こちらも抱卵状態になるのは間もなくでしょうね。

 と。我が家もしっかりと春です。
 問題はサクラさん。
 3月の末ころから、繁殖期特有の「出してコール」が始まりました。
 朝から夕方まで、ケージの網にしがみついてカジカジやったり、激しく呼び鳴きしたり。普段は大人しい子なので、その落差が激しい。
 あっという間に餌を食べる量が減り、3月頭には、夜40gだった体重が、今では37g~38gをいったりきたり。
 仕方ないんで、放鳥時に毎度のごとく、ペレットをスプーンで食べさせておりますが、まとわりつき度がオカメインコ並なんで、食べさせるのも大変です(^^;)

 去年の秋、繁殖期からずっと続いているろうまくの茶色ですが、一度も剥げ変わることなくそのまま春になってしまいました。
 ですが、4月頭。ろうまくがはげかけているのを発見!
「お、これなら発情期が収まるかも?」と期待してましたが……
 茶色の皮が剥げたあと……白っぽいろうまくが現れるわけでもなく……
 まだ半分以上残っているというのに、新しいろうまくも、薄い茶色になってきました……


 がっかりOTL

 サクラさんの発情期はどうしようもありませんなあ(タメイキ)
 おまけに、まとわりつきーの、かみつきーの、
 あまりのもひどくて、首の回りにぽつぽつと赤い斑点が(^^;)
 夏、Tシャツになったらどう防護すればいいのやら(^^;)(^^;)

 ジャンボちゃんは嘴が非常に痛いのよ。ジャンボのオスも、こんな痛いんだろうか(^^;)

 ただ、この春は、ちょっとずつではありますが、ボレー粉を口にするようになりました。
 依然として、メスの発情ポーズ(我が家では「シャチホコポーズ」と呼んでいる)はしませんが、そろそろ卵を産むのかも。
 一応、糞のチェックはしていますので、引き続き観察をしていきたいと思っております。


さわんないでよっ

 あ、ちなみに。発情期が始まったころに、換羽は一段落しました。ツクツクも、きれーいにモフモフっとした羽根に変身!
 羽根の色つやには自信があるわ~♪

 でも、昨日またちろちろと抜けていました。換羽は、まだ続いているのかもしれません。


 あっ、「レッドクリフパート1」、テレビ放送されましたね~!
 日本語で見ると不思議な感じがしました。若干、早口な印象。
 あ~やはり、関羽はかっこええわあ~
 冒頭、漢の皇帝が呼び寄せようとした鳥。映画を見たときは分からなかったけど、「とりぱん」を見た今では何の鳥なのか分かりました!
 あれって、「ヒレンジャク」なんですね!(キレンジャク、じゃないんですよね?)
 気づいた瞬間、脳内を「ヒレンジャー5」が過ぎりました(笑)(「とりぱん」参照)

お手入れ

 すっかり春になりましたねえ。うちの近くにある公園の桜の木も、きれいに咲いてました。

 以前、仕事に通っていた店で見つけた野鳥も、姿を見なくなりました。人里よりも山のほうが食べ物が豊富にあるんでしょうね。
 空き地にいた鳥は、のちほど調べたところ「ムクドリ」と「セキレイ」だと判明。
 セキレイって、ほんと、つつつつつつ、っと凄い勢いで走ってゆきます。
 と、同時に尻尾がぴこぴこぴこと上下に動いて。
 幕末好きな私は、「お~これが、千葉周作の北辰一刀流でよくいわれる『せきれいのような動き』か!」と感動したのでした。(「竜馬がゆく」とか読むと、北辰一刀流の特徴として、竹刀の先が上下に揺れるのを、こう表現されてます)
 むくどりは、足とくちばしが黄色で、群れでいることが多いです。

 かわりに、見かけるようになったのはツバメ。
 去年、うちの店のテント下に巣を作りながらも、巣が小さかったのか雨が入ったからか、結局雛が孵ることはなかったんですが、さて、今年はどうでしょう。
 下見のような、ツバメの夫婦が「ちゅぴちゅぴ」啼きながらテント下に出入りしてましたが、どうなることやら。
 ツバメが子育てする様を見るのは大好きなんで、是非とも巣作りしてほしいものです。

 私が野鳥に興味を持つきっかけになった漫画が、これ。

とりぱん 6 (6) (ワイドKCモーニング)とりぱん 6 (6) (ワイドKCモーニング)
(2008/11/21)
とりの なん子

商品詳細を見る


 とりのなん子さんの「とりぱん」
 本屋で「野鳥漫画」と書いてあるのを見つけて、とりあえず図書館で三巻まで借りたんですが。
 非常におもしろかった!
 野鳥だけでなく、猫や犬や虫のお話などなど。
 身近にある小さなお話ばかりだけど、読んでいてほっこりします。
 子供のころに戻ったような気分になるっていうか。

 うちの近くにいる野鳥といえば、雀にヒヨドリなんですが、この本を読むまで、ヒヨドリがこんなに戦闘的な鳥だとは思いませんでした(笑)
 本で読んで、注意して空を見るようになれば、確かに「ぴええええ~!」と鳴き叫びながら、結構喧嘩をしております(笑)
 でも、ひよどりって雛から飼うと結構懐くんですよね。
 江戸時代の史料にそう記してあったんですが、「嘘ぉ」と思っていたら、とりぱん5巻に、ひよどりの雛「ヒヨちゃん」のことが載ってました。

 とりぱん7巻は、今年の春出版予定とか。
 いつだろう~とっても楽しみです。

羽繕い

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。