FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日のブログにも書きましたが。
ツバメ雛、巣立って行きました~!


昨日の夜は、やっとぐっすり眠れました。
ただ、広島は夜から明け方にかけて雨。目が醒めて雨の音を聞いた途端、「やっぱり今日一日面倒を見ようか」と心が揺れました。

うちの店は開店が朝8時。
店を開けたあと仮巣を見にいったら!
雛、ちゃんと自分の足で、仮巣の縁に立ってました!
心なしか、保護した日よりも身体が立派になったように見えます。
ただ、親は回りを旋回したり、元あった巣に止まったりするだけで、雛に餌をやっている様子は見えません。
うちの親がちらちらと観察した結果、たまに餌をやっている様子ではあると。
でも、自分の目で見ないことにはやっぱり不安です。
大丈夫かなと思いつつ……昼2時ごろ、再び外を見てみれば、朝と同じようにしっかりと自分の足で立ってます。
羽繕いしたり、ときどき羽ばたきしたり。
親が側に来ると、くちばしあけて、「ぴーぴー」と餌をねだってます。

増設糞受け
写真は、昼2時過ぎの様子。
糞受け増設しました。プラケースの上に、しっかりと立ってます。

昨夜最後に餌をあげて20時間近く経過してます。
もしも20時間も全然食べていない状態なら、こんなにしっかり立っていられないに違いありません。

雛拡大
結構しっかりと立ってますよね?

そのことを、お世話になった掲示板に報告しに行きました。
ただ、雨にもなるし、広島は風も強い。
掲示板のアドバイスもあり、家族で話し合った結果、夜にもう一度給餌し(幸いというか……屋上に置いておいたミルワームは無事でした)、仮巣にホッカイロを貼って、再び戻しておくことになりました。

夜7時。親が近くにいる状態で、うちの父が脚立に乗って、仮巣ごと取り上げようとした瞬間。

ばばばばばっと、雛が飛び立っていきました。
それはそれは、あっという間の出来事。
慌てて目で飛んだ先を追ってみれば、近くにいた親鳥二羽、雛の後を追っています。

雛がたどり着いた先は、片道三車線、プラス路面電車の斜め反対側、ビルの二階。
傘をさし、様子を窺いに行きました。
雛は、ビル二階の窓の縁に止まって、その近くに親が止まってます。
「飛べ」と促しているんでしょう。窓の縁近くに止まったり、上下左右で鳴いたり。
それでも、雛はやっぱり恐怖で足がすくんでいる様子です。

もう7時を回って暗くなっているし、雨が降っている。
人間が手をだしたせいで、強制的な巣立ちになってしまいました。
幸い、そのビルに住んでいるのは初老のご夫婦で、両親とは顔見知り。
父と二人、そのうちにお願いに行きました。
事情を説明して(ご夫婦は微笑ましそうに笑っていらっしゃいました)快く、二階の部屋にあげていただきました。
雛が止まってる窓をそおっと開けましたが……やっぱり気づかれた。

できれば、保護してうちの巣に戻してあげたかったんですが、またもや飛んで逃げられました。

ただ、今度も親が追いかけて行きましたし、車道に一度も落ちることなく飛んで行ったので(もう追跡不可能でした)、今度こそすっぱり諦めることができました。

巣立ちして、この後無事に生き延びられるのかは、雛の運命次第。
またうちの巣に戻ってきてくれたらいいのですが(雛が自分で餌を取れるようになるまで、育った巣をねぐらにするらしいです)、戻ってこなかったとしても、わたしはわたしのできる範囲のことはできた、と今は満足しています。


いやはや、貴重な体験をしました。
ミルワームも、存在は知ってましたが本物を見たのは初めて。
ツバメ雛に触ったのも小学校のとき以来、今回は手の上に糞もされたし(笑)くちばしも触ったし……
やりたい放題でした。

動画が撮れなかったのが唯一の心残りかなあ。
あと、元気がでてきたあとの、お目々ぱっちりな写真が撮れなかったことも。

でもでも。
本当によかった。
このまま大人になってくれることを、祈るばかりです。

いやあ、それにしても野生動物の成長って早い!
保護したときは、全然飛べなかったのにね。
昨日も飛べなかったし……それが一気に300メートル飛翔ですからね~

わたしがせっせと餌をやったおかげだな!!

さて、今回わたしがお世話になったサイトさま。
「つばめの飼育日誌」さん


それから、「すずめっ子クラブ」さん


あとは、ミクシィのコミュ「野鳥、保護しちゃってます」の方々。

経験者の方々が、掲示板でアドバイスをしてくださる他、落巣雛の保護の仕方、仮巣の作り方、保護した場合の餌や餌の仕方、保護した後、自然に返す方法など、詳しく説明してくださってます。
ツバメの写真を見るだけでも心癒されます~

本当に助かりました。また、保護したあと、自然に帰すのがどんなに大変なことか、もよく分かりました。

あ。
野鳥を一時でも保護する場合は自治体に連絡を。と言われますが。
わたしがツバメを保護したときに電話をしたら「別にそんなことありません」と言われました……
広島の自治体は役にたたね~!
また、獣医さんたちも、今は鳥インフルエンザ等があり、野鳥を保護することは滅多にないそうです。
ご参考までに。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kikufuji.blog81.fc2.com/tb.php/226-d73e4e7f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。