FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.06.12
 さっき、鼻がかゆいなあと、人差し指でこしょこしょっと掻いた瞬間、冷たいものが……

 指を見ると、サクラのうんぴがついておりました(苦笑)全然気づかなかったよ。
 当然ながら、鼻の下には白いものが……(^^;)
 さすがに、すぐ洗面所で洗いました(苦笑)



 昨日、広島アステールプラザで公演があったG2プロデュース公演、「江戸の青空~Keep of Shackin」を見にいきました。
 時は江戸時代、落語「芝浜」「御神酒徳利」「文七元結」「井戸の茶碗」「柳田格之進」をいっしょくたにしたどたばたコメディー。
 出演者で有名なのは、西岡徳馬、松尾貴史ってところでしょうか。

 落語は「芝浜」「文七元結」くらいしか知らないのですが、現代と江戸時代のギャップを生かしたコメディで、時代劇に詳しくない人も楽しめるように作ってありました。
 ですが、時代劇、時代小説ファンのわたしにとっては、ちょっとギャグシーンがしつこい(^^;)
 アクシデントを装った演出もいくつかあり、最初は「演出? アクシデントなの~?」って楽しめましたが、二回目になると、ちょっと見え透いていて疲れる。
 休憩ないまま、アンコール含めて2時間半弱あったので、こういったギャグシーンをもうちょい控えめにしてくれたらいいのに、って思いました。
 オチの部分も登場人物たちもおもしろかっただけに、ここが問題点かなあ。
 非常に惜しく思ったので、アンケートに書いておきました。

 おもしろくなかった原因ももう一つあります。
 わたしの隣りに座っていた男性。
 芝居の最中、携帯電話のバイブがうるさい!
 マナーモードにするんじゃなくて、舞台のときは携帯切っとけ!
 その上、ちっともおもしろくない場面で、「ふへへ」って笑うんです。舞台の8割は笑ってんじゃなかろうか、って思うくらい何度も笑う。
 それがまあ気になって気になって。
 おもしろい場面でも、なんだか気がそがれて笑えませんでした……

 せっかく見にいった舞台だったのに~もったいない。
 でも、再来週は、劇団四季の「ウエストサイド・ストーリー」を見にいきます。
 今度は観劇環境に恵まれるといいな。



 で、今日の昼過ぎ、同じアステールの前を自転車で通っていると、道路横の植木の傍を、コロコロと転がっているような小さいものがあります。

 ん? と自転車を止めてよく見ると、一羽のスズメでした。
 スズメではありましたが、なにやら格闘している様子。
 なんと、スズメの半分以上もある、大きなバッタをくわえて、食べようとしているところでした。

 バッタがよっぽど惜しかったのか、わたしが近づいても逃げない。
 それでももうちょいと近づくと、バッタをくわえたまま車道のほうに逃げてゆきます。

 あまりにも必死さがかわいかったので、そのままほとんど食べ尽くすところまで見てしまいました(笑)
 写真を撮り、動画も撮ったんですが(ふつーはここまで近づけないって!)、動画はぶれぶれでした。
 なので、写真を載せます。
 携帯写真なので、見えにくいですが。

スズメお食事中

 スズメの横、緑色のものがバッタです。
 このときにはすでに、半分以上食べられておりました。
 この小さな身体であのバッタを食べれば、きっとお腹いっぱいでしょうよ(笑)

 すっかり、「とりぱん」に毒されております(笑)
 ついつい、野鳥観察をしてしまいます。
 この冬は、屋上に、風太たちが食べ残したひまわりの種でも置いてみようかな。

ふくれっつら




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kikufuji.blog81.fc2.com/tb.php/227-c447f30e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。